ストレス

社会状況の変化が激しくなり、日々めまぐるしく状況が変化していくと
仕事や職場の人間関係にストレスを感じてしまう人が増えてしまいます。
ストレスが原因で肩凝りや頭痛、疲労感をまねく事もあります
疲れがたまると作業能率が下がるだけでなく、ケガをしてしまう危険も増えます。
作業能率が下がり、残業が増えればさらに疲労を蓄積する事になってしまいます。

ストレスは疲労感を悪化させるものでもあります。
疲労だけならば、休養を取る事で回復させることが出来ますが
ストレスを抱えていると
自律神経のバランスを崩してしまいます。
疲労が回復する事無く蓄積し過労を招きます
過労やストレスはうつ病などの心の病を引き起こします
ガンや心疾患を引き起こす原因にもなります。

管理職にある人間は、部下の健康管理や精神状態(メンタルヘルスなど)を
注意しておく事も必要になります。
労働時間・残業・サービス残業などの実態を把握しておかなければ
勤務中のケガや事故など、労災の危険性を高めます
近年問題になっている過労や過労死の原因にストレスは大きくかかわります。


ストレスのイメージ


職場で困った時に頼れる相手や相談できる相手がいれば
限界までストレスを溜め込む事は無くなります。
日頃から適度にストレスの負荷を減らしていけば、
ストレスへの耐性を身に付ける事も出来ます。

相談しやすい職場環境を作る事で従業員は気持ちよく働くことが出来ます。


 

TOP ストレス モチベーション 福利厚生 退職金 就業規則


Copyright (c) 従業員の為に会社が出来ること All rights reserved.