就業規則

効率良く経営が出来るかどうかは従業員のやる気に左右されます。
通常会社には就業規則があると思いますが
就業規制の目的がトラブル回避や会社を守る事、
決められた法律のみで作られていませんか?
法律や社会常識のみで作られた就業規則では
トラブルや訴訟から会社を守る為のマニュアルでしかありません。

身近にあった就業規則の雛形を少しアレンジしただけで作られた就業規制であれば
社会のルールを無難にまとめたもので終わってしまいます。

就業規則はリスクを回避する、円滑に会社を運営していく規則である事は確かですが
会社の経営理念や経営計画にリンクしている、
従業員の責任と権利が明確になっている就業規則が会社にとって良い規則です。

会社の経営理念がはっきりしていれば、従業は自分が何をすべきかを考える事が出来ます。
責任や権利が明確になっていれば、仕事に対する姿勢も変わってきます。
トラブルが起きた時には職場でカバーする体制や人間関係が整っていれば
失敗を恐れず、向上心を持って働くことが出来ます。

経営者は進むべき方向を決め示し
管理者は、それに従って従業員をまとめ指示します
そして従業員は会社を動かしていく事になります
経営理念は、一部の人間だけで共有するものではなく
会社全体で共有しなければいけません

労働基準法だから書かれている、
訴訟から会社をまもる為に作られているものではなく
会社の理念と従業員の権利と責任を明確にしたものが就業規則である必要があります。

経営者のメッセージを伝え、意識共有出来る就業規制を作る必要があります。
従業員にそれを理解してもらうには
「~してはならない」「~しなければならない」と言った否定的なものではなく
「~出来る」「~する」と言った肯定的な物にするなど工夫が必要です。



TOP ストレス モチベーション 福利厚生 退職金 就業規則


Copyright (c) 従業員の為に会社が出来ること All rights reserved.