退職金

時代と共に多様化されてきた福利厚生
今や企業PRやイメージにも大きくかかわるものまであります。
育児や介護に手厚い手当やサポートがある会社ならば
家族を含めた生活環境が変わっても働きやすいという魅力があります。

ケガや病気の時に、入院見舞や手術・入院に対する手当など
いざという時に補助や手当が必要です。
さらに退職金もしっかりと確保しておかなければいけません。

役員の退職慰労金もきちんと考えておかなければトラブルの元になります。
従業員退職金とは違い株式総会に左右されてしまいますので
会社の負担を減らしつつ役員退職金を無理なく確保する必要があります。
保険を活用するなら保険料が損金算入という事で
保険料が経費になりますので税負担を減らせます
保険を上手く利用する事で役員退職金を無理なく確実に確保する事が出来ます。

金庫の画像

預金で準備していた場合、事業資金に流用してしまう事もあります
経営状態が悪くなれば、退職金を減らさなくてはならなくなります、
借入金で退職金を支払えば、後継者に返済の負担をかける事になります。
一時金で支払えば、多大な経費が発生し決算内容に影響してしまう事もあります。

病気やケガで働くことが出来ない時の生活や
退職後の生活費などの心配を軽減する事が出来れば
従業員は長くその会社に勤める事が出来ます。
従業員が働きやすい環境を整える事で人材が育ち
向上心ややりがいを感じて働く事が出来る職場は
良い会社だと言えるのではないでしょうか。



TOP ストレス モチベーション 福利厚生 退職金 就業規則


Copyright (c) 従業員の為に会社が出来ること All rights reserved.